約10年ブランクで弓道を再開することにしました

高校の3年間、弓道部に所属していました。
引退の時、弓道はまたどこかで関わる機会があるような気がすると思いながら離れた記憶があります。

8年もかかりましたが、このたび弓道を再開することにしました。
ずっと再開したいとたびたび思っていて、できずにいました。

高校では、練心・実技(9kg)→直心Iカーボン・直心IIカーボン(11kg・12kg)を使っていました。
これから弓を買うにあたって、何を買うか迷っていました。
過去に使用したことがある弓の、わたしの印象です。

●実技・練心
→押手への衝撃が少なく、柔らかい。ゆるやかに離れる。
初心者向けの、癖のない弓だな~という印象です。
その分的中しにくいです。特に実技は確か巻藁までしか使用してないです。
7kgだったかとても低かったので、そもそも的まで届かない。

●直心Iカーボン、直心IIカーボン
→1c2cと両方使用していたはずなのですが、
キロ数が違ったこともあり、この2つの違いはあまり覚えていません。
両方に言えることは、押手への衝撃が強い。ガンガンきます。
その分、矢は勢い良く飛んでいきます。
手の内がへたっぴだと左腕を負傷します。
わたしもへたっぴだった頃は紫のつぶつぶ内出血ができたことがありましたが、
もっとすごいと内出血で真っ黒になるらしいです。

さて、そういうわけで、2年くらい使用した直心のカーボン弓を買う予定でいます。
竹弓は今のところまだ早いかなと思うし、メンテナンス面で不安があるので今回は見送ります。

粋、葵なども購入検討に入れていたのですが、
直心が使いやすかったので、直心を買ってみようと思っています。
使ったことがないものは合わなかったらどうしよう・・ってなるので。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。