WordPressの新エディタ「Gutenberg」が不人気な5つの理由

WordPressのバージョンがついに5になりましたね。
わたしが初めてWordPress構築した時は確か2.8でして、約10年で色々と変わったなぁという印象です。

バージョン5で新導入されたエディタ「Gutenberg」ですが、予想通り(?)レビューが酷評だらけなんですね・・・。
Gutenbergのレビューはこちら

Gutenbergってどんなエディタ?

「ブロック」と呼ばれるコンテンツパーツを組み合わせてページを作成します。
パーツの中には見出しやテーブル、リストなどがあります。

前回、前々回の記事はGutenbergを使いましたが、その際に感じた「不人気な理由」をあげていきます。

その1:HTMLの知識がある人には向かない

従来のエディタには「ビジュアル」・「テキスト」モードがあり、個々のスキルに合わせてエディタを選択することができました。
しかし、Gutenbergは基本的にビジュアルエディタのみで、申し訳程度にテキストモードもありますがブロックごとに開かないといけないし、改行が圧縮されているので別途エディタで展開して整形しないと読めたもんじゃない。
プレビューに近い形で編集できるのは素晴らしいと思うかもしれませんが、完成図を頭の中で思い描きながらコードを書いているのでリアルタイムプレビューがそもそも必要ない。

その2:テーブル関連の設定項目が減って行列の追加・削除くらいしかできなくなった

例えば、テーブルを作成すると全てテーブルセルで作成されますが、見出しセルに変更したい場合に旧エディタには設定がありました。
この機能なくなっちゃいましたよね?なんでなくしたんでしょう?
これは知識の有無に限らず必要機能だと思います。
おかげさまでいちいち改行が圧縮されたクソエディタからtdタグを探してthに変える…みたいな泥臭いことをやる羽目になりました。

その3:ページの拡縮に対応していない

この運用してるのわたしだけかもしれないんですが、編集画面のズームを大体50~75%に設定しています。
そうすることで1画面に表示される情報量が増えるので編集が捗るのです。
Gutenbergでズームを縮小すると確かにコンテンツのサイズは小さくなるのですが、横幅も小さくなってしまって左右に不自然な余白ができてしまいます。情報量を増やすために縮小したつもりが、結局本当に小さくなっただけ。
言葉で説明するとわかりにくいので、100%にした状態と75%にした状態のキャプチャをとりました。

その4:コピペすると変な改行や空白が入る

もはやこれはバグとしか思えない。

その5:初心者向けと思わせておいて実際は中途半端

初回はチュートリアルがあるものの、UIがあまり親切ではなく直感的な操作ができないと感じました。
また、用意されているブロックも少ないので、現状は新旧エディタのどちらを使っても同じようなページしかできないと思いました。

今後のアップデートでどう改善されるか

従来のエディタが決して完璧なものというわけではないのですが、現時点では正式にエディタとして導入させるほどのもんか?と思ったのが正直なところ。
旧エディタに戻したので、この記事は快適に書けました。
今後のアップデートに期待です。

2 Replies to “WordPressの新エディタ「Gutenberg」が不人気な5つの理由

  1. 開発中の段階から「使いにくい」「バグが多い」「直感的でない」「煮詰め不足」などの指摘が多かったにもかかわらず、リーダーのMatt氏を筆頭に半ば暴走した結果がこれです。
    リリース後の低評価にモデレーターは「少数派の意見」として取り合わず、Gutenberg は「出版の民主化」であるなどという謎の定義に酔っています。

    一部国内の声の大きい人たちも同様で、事の大きさを過小評価し「変化を受け入れないのは保守的だ」と、論点のすり替えに必死です。実際のフィールドでどのように WordPress が使われてるか全く見えてないんです。

    今後開発チームは、ページ全体のレイアウトも Gutenberg 風にブロックで設定するようにしていくそうですが、さらにユーザと亀裂が深まりそうです。

    1. もすらさん

      コメントありがとうございます!

      実際のフィールドでどのように WordPress が使われてるか全く見えてないんです。

      これは本当にそうですね…。使いながらターゲットどこなんだろうって思ってました。革新的だとは思うのですが普及は難しい。
      操作性の悪さが致命的なんですよね…。

      わたしはWeb屋さんをやっておりまして WordPressサイトの制作依頼はよくあるのですが、「エディタが変になったから戻して」という依頼がちらほら来ています。
      自動アップデートで急にこのエディタになったら、リテラシー低い人だと混乱しちゃいます。。。
      標準化はしないでほしかったな~。

      ページ全体のレイアウトも Gutenberg 風にブロックで設定するようにしていくそうですが、

      ええ…。開発チーム的にはGutenbergは革新的で素晴らしいツールなのでしょう…ね…。まあ、今風の見栄えになったとは思いますが…褒められるところが見栄え以外に見つからないよ…。
      これをやるにしても、ウィジェットのような使い勝手でいいんだけどなーと思う限りです。

コメントを残す