2020年を振り返る

毎年こういうブログを途中まで書いているんですけど、投稿できずじまいになっているので、今年こそはちゃんと振り返ります。

目次

  1. 精神的に苦しめられたネットの友人と縁を切った
  2. テレワークすばらしい
  3. コロナのせいで水樹奈々さんのライブが中止に
  4. お肌の調子がすこぶる良くなった
  5. 半年の妊活を経て命を授かった
  6. 新築戸建を買った

2020年は本当に色々ありまして、丁寧丁寧丁寧に振り返った結果、すごく長くなってしまいました。

1. 精神的に苦しめられたネットの友人と縁を切った

ちょうど去年の今頃の話です。
良い話ではないし、わたしとしても厄落としがてら毒づきますので、気分を害したくない方は飛ばして2番以降へどうぞ。

自分がモデレータをやっている配信で、配信者が離席中の間にVC凸者がリスナー(=今回縁を切った人)から無茶振りされていたことがありました。
その凸者さんが当時その無茶振りに困ってたかどうかはわからないですが、配信者が戻ってくるまで間を持たせたほうがいいかな?と思ってVCに一時参加したところ、後日このリスナーから『マナー違反』『お前の声を聞きに来たのではない』など言われたことがありました。

この方とわたしは何度かゲームをしたり、この人の配信に行ったり、逆にわたしの配信に来てくれたりなど、それなりに交流があったのですが、以前からちょっとしたことで真っ黒長文な感じのDMが届いたり、陰口を言われたりなどしていました。
共通の友人もいるし、なるべく穏便に済ませるようにしていたのですが、1年近くもこんな状態が続くと流石に…って話で、上記のことをきっかけにSNSやDiscordなど全部ブロックしました。

ブロックなどする前に話し合うことも一瞬考えましたが、これ以前に何度か別件で話す機会があったものの、残念ながらどれも「話し合い」としては成立しなくて。
その方からの度重なる嫌がらせのような行動や言動により体調を崩すようになっていたし、共通の友人には大変申し訳ないですが、ご縁を切らせていただきました。

おかげさまで今は心身ともに良好に過ごせております。
どうかこれからもわたしの知らない世界で生きてください。

あと、今だからあえてここに書いておきますが、とある人狼殺プレイヤーに対して「ゴミ扱いされた仕返しで人狼殺で見返して煽ってやる」って豪語してたの、一体いつ実行するんですかね。
わたしに対してはわたしの発言にないことまで「お前がこう言った約束守れ嘘つき」と捏造し、恫喝してきて、自分の思い通りになるよう実行させたのだから、せめて自分で言ったことくらいは実行しましょう。

2020年は新年早々こういうことがあって注意深く行動したので、うまく立ち回れたと思える1年でした。
合わない人とは無理に交流せずに適当にあしらって距離を置くのも大事なのだと勉強になりました。
あまり良くない話が冒頭で失礼しました。
こういうことはこれが最後になるといいなあ。

2. テレワークすばらしい

コロナの影響でテレワークになりました。
奈良から大阪に通勤しているのですが、ドアtoドアで1時間強かかります。
往復で2時間ちょっと。
この時間がテレワークになったことで丸々浮きました。

まず、出社をしていた時の生活はというと。
朝7時頃に起きて準備して8時には出発して9時に出社、18時に自分の仕事は終わってもなんだかんだで帰り際に呼び止められたりして、結局帰宅時間は20時頃に。そこからご飯の準備をして21時に夕食をとって、後片付け。洗濯物が溜まっている場合はここで洗濯もする。平日に掃除機をかけられる時間には帰れないので、掃除機は土日どちらかで。洗濯物もその際にまとめて。
一応、掃除機に関してはルンバもあるけど、うちのルンバ君はスケジュール登録やスマホ連動に対応していない古い機種なので、日中に稼働させておくということができない。

次にテレワーク後の生活。
朝は9時ちょっと前に起きれば十分間に合うし、zoomでカメラをつけないといけない時はアプリに化粧をさせればいいので化粧品の消費速度がぐっと下がりました。
うちは裁量労働というか、四六時中PC前にいなければいけないという感じではないので、仕事の合間に洗濯物を干したり、掃除機をかけたりもします。
昼食は家で自炊します。わたしが引きこもりだし、近くに飲食店もないので。
18時になったら日報を書いてその後すぐ夕食の準備。早ければ19時にはご飯が食べられる。掃除や洗濯は日中に終わっているので、食後は後片付けをするだけで家事終わり。

テレワーク、世間では賛否両論あるし弊社はアンチテレワーク派が大多数を占めているけど、個人的にはいいことずくめです。
共働きでも家事をこなせて睡眠時間も確保できて通勤のストレスもない。最高じゃないですか?
アンチテレワークをうたう会社は嫌いになったし、弊社もこの方向性を掲げていて、賛同できない人は転職することになりました。
わたしも賛同できないので転職か独立を考えていましたが、産休取りたいし家も買ったしで一旦保留に。

3. コロナのせいで水樹奈々さんのライブが中止に

コロナの影響でテレワークが制度として導入されたことは良かったんですが、奈々さんのライブツアーが全部中止になってしまいました。
せっかく応募したツアー全部当たったのに・・・。

4. お肌の調子がすこぶる良くなった

これもテレワークの影響でしょうか。
化粧をする頻度が減ったことと、通勤のストレスから解放されたことと、弊社の営業方針変更に伴い管理職から一般職に降格になりまして、管理職のストレスからも解放されたので、お肌の調子がすこぶる良くて。

管理職って他人のことで怒られるばっかりで、本当にストレスが溜まります・・・。
ずっとやめたくて、でも「やめたい」とも言えず、ずっと機会を伺っていたのですが、営業方針の変更に伴い、部下が全員親会社に飛ばされまして、管理の必要がなくなったという感じです。

本当はわたしも一緒に親会社に飛ばされる予定でしたが、そのとき既に産休を取得することが決まっていたので出向を回避できました。
もし親会社に飛ばされてたら、わたしも間違いなく転職していたでしょう・・・。

5. 半年の妊活を経て命を授かった

2020年に入ってすぐに妊活を始めたものの、なかなか授かれず。
最初はそんなに焦ってなかったけど全然できなくて。
自分の病気を疑い始めた辺りでコロナによる緊急事態宣言が発令され病院にも行きにくくなってしまい。
そうしているうちに何とか授かれてほっとしました。

あとから検査で分かりましたが、当時はわたしに原因があって不妊気味だったようです(現在は完治)。
妊活を始めたら真っ先に検査しておいたほうが良かったと反省。

もしこれを読んでいて妊活を考えている人がいたら、ぜひブライダルチェックを実施している婦人科に一度足を運ぶことをおすすめします。

妊娠が分かってまもなく、つわりらしき症状に悩まされました。
本当に苦しくて、夏の記憶がほとんどない。
例えるなら、ずっと乗り物酔いをしているような感じ。わたしはこれにプラスして、口の中に常に泥が入っているような不快感がありました。
あと、においのするもの全般だめに。例えば、柔軟剤。例えば、白米や温かい食べ物。
うっかり旦那が同じ部屋の少し離れた場所で放屁したところ、わたしの吐き気が1時間くらいひどくなって、その時は2020年で1番怒ったかもしれない。

食べられるものはにおいのしないものや冷たくなったもの。
吐き気がひどい時は冷たいそうめんやうどんをローテーションしてました。
トマトなどの野菜や酢の物も食べられました。
肉や揚げ物はもともと嫌いだったけど、やはり食べられず。できれば見たくもなかった。

こんな状態なので仕事をしている時以外はほぼずっと寝たきりで、仕事の作業効率も下がってしまった。
テレワークだったからなんとか仕事できてたけど、出社なんてとても無理だったろうな…。

家事は旦那が代わりにやってくれて、本当に助かりました。
旦那の勤務先は当時テレワークをしていなかったので、大阪に出社して帰ったらわたしの代わりに家事も全部して、休む暇もなくて本当に大変だったことと思います。
本当に本当に、感謝してもしきれない。
でも、旦那のおならでわたしの吐き気が1時間ひどくなったことは後世まで恨むからな。

つわりが明けたと思ったら水樹奈々さんも新たな命を授かったとのことで。
結婚の時もびっくりしたけど、出産時期が近くて二重にびっくりしました。
会社の人からは「合わせたの?」と言われたり。
今のところ出産よりも直近の注射のほうが恐ろしいわけですが、水樹奈々さんと一緒に頑張ろうという気持ちで臨みたいと思います。

なお、里帰り出産はしない予定です。
帰ったほうが親孝行か?と思ったけど当時は祖母が家にいたから気を遣うと思ったし、コロナで里帰り出産を断られた事例があったので、もしコロナの状況によって出産直前に里帰りを断られたりすると調整するのが大変だし、メインPCも持って帰れないしで里帰り出産はやめました。

6. 新築戸建を買った

新居のダイニングに憧れのエトワールライトをつけた図

年末に新築戸建を買って引っ越しをしました。
きっかけは、新たに家族が増えることで、当時住んでいた賃貸マンションに住み続けると色々と問題が出てくることに気づいたからです。

当時住んでいた賃貸マンションの間取りが3LDKで専有面積65㎡くらいなのですが、夫婦で荷物が多くて2部屋くらいほぼ物置状態になっていまして。
一体この家のどこに供部屋作れるの…?子供のものとか学習机とか絶対置けないよ…。
かと言って荷物を減らすことはできないし、減らすにも限界がある…。

というわけで詰みになったので、いい条件のお家があれば引っ越そうということで、最初は軽い気持ちで中古マンションを探していました。
一応、賃貸マンションも探したのですが、広くなると家賃がぐっと上がるんですよね…。
子供ができたら簡単に引っ越しできなくなるし、お互い遠方への転勤がない職場にいるし、家賃が掛け捨てになるより買ったほうが良くない?となって、買う前提で探すことになりました。

条件は、

  • 当時住んでいた賃貸マンションからそれほど遠くない場所(同じ生活圏であること)
  • 賃貸の時と月々の支払額が同じくらい(資産税なども込みで)
  • 当時住んでいたマンションより専有面積が広い
  • 4LDK以上(寝室、子供部屋、PC部屋、筋トレ部屋兼ゲストルーム という構成にしたいため)

他にも細かい条件がありますが、ここでは割愛します。

この条件で探したところ、広さの面でマンションだと限界が出てきました。
マンションで4LDKとなると、角部屋か変な間取りしか無理なんですよね…。
そんな中、いくつか候補をあげることはできました。

次に中古戸建を探しましたが、物件数が少なく、立地が悪かったり、木造で築20年なのに値段が高かったり…。20年も経っててリフォームしていない物件は設備関連の修繕費がすぐ必要になるし、木造の耐用年数を考えてもコスパが悪い。

ダメ元で新築戸建を探したところ、意外と中古マンションと同じくらいの支払額でちらほらあることがわかりました。

いくつか候補をあげた中古マンション(築20年くらい)と新築戸建を比べたところ、立地などはやはり中古マンションのほうがいい場所にありましたが、その分費用が高かったのと、他の細かい条件なども見比べて、新築戸建を買ったのでした。

最後に

長い。

2020年は厄年だったのですが、個人的には良いことのほうが多い一年だったように思います。
むしろ1番のせいで2019年のほうが厄年感あったなw

コメントを残す